ヤギ編集者です。

こんばんティーでございます!(笑)
慶應SDMでのオープンKiDSシーズン2、先週末第4回目を終えまして無事の終了となりました!100名を超える参加者の皆様、誠にありがとうございました。私は第1回を担当させて頂きましたが、慶應SFCデザイン思考研究会の皆様と共催のための摺合せ、内容自体の準備を通じた勉強と、学び多いシーズンとなりました。最終回を終え名刺交換等していた際、おはティーの次がなくて残念でした(悲しい表情)、という参加者の声を頂き、猛省しております(号泣)。でも品質番長のT田さんを通過するアイディアがでなかったんです、とやっていたことは認めてといういい訳(><)。

写真は第4回(最終回)終了後、講師の村上先生(元グーグル米国本社副社長兼日本法人社長・前グ−グル日本法人名誉会長) を囲みつつ全体記念撮影!
615534_379304112147350_1855189514_o


さて次回への大きな大きな課題を残したシーズン2(あくまでヤギ編集者のみですよ)、早速告知です。12月もありますKiDS、今度はシーズン3「あなたの未来をデザインする人間中心デザインワークショップ」。第3回はこれまでとは趣向を変えて、自分にスポットを当て、これまでとは異なる方法論や手法等を多々ご紹介します。ぜひお楽しみにしていてくださいね。
http://www.sdm.keio.ac.jp/2012/12/02-124741.html

また12/1(土)夜19:00〜慶應日吉にとある方を呼んで学びの場を企画中です、こちらは来週以降に詳細をリリース出来るかと思います。

さてさてここでようやく本題(告知が多すぎ、イベント会社の者ではありません・笑)。タイトルの「雨乞いの踊り」について。夏の減量は目標達成(−10kg:12年前の入社前の体重に)したヤギ編集者というのは置いといて、今年の目標であった技術士二次試験筆記はAとBという判定にて不合格でした。初めてのA判定があり、試験対策にようやく手応えが得られた収穫はあるものの、B判定は『自分独自の考え』を書き尽くすことが出来なかった反省通りの評価。あまり考えないようにしてますが、そりゃ悔しいです。そんな私に応援してくれた大々先輩がくれた言葉が『雨乞いの踊り』。

才能とはあることに情熱をもって継続的にやる能力。ある本を読んだら、アフリカに効果100%の「雨乞いの踊り」があると。この踊りをやる前に首長は、これをやる覚悟があるかどうか聞くそうです。そして始めたら必ず雨があると。それは、雨が降るまで、何日でも踊り続けるのだそうです。

よい先輩に恵まれたことに感謝です、来年は試験制度変更の初めての年にもなるのでどうなるかわかりませんが、『自分独自の考えを書く』の部分はなんとしても原稿用紙に注入出来るよう努力していこうと思います。

ではでは
やぎTea (**)/~