さて1年を振り返り、来年を考える時期です。
なんといっても明日は大晦日ですから。

そこで自分の数字を知る、と題して
今日は今年の読書を振り返りたいと思います。
※ちなみに明日は今年の出来事、自分の数字(仕事編)を書くつもり。

慶應SDMへ入学してからというもの、
周囲の優秀な社会人の皆さんと渡り合うために
基礎知識の獲得の読書、宿題用参考文献としての読書、
発展への情報集めとしての読書など、
今年は本をそんなに読まない私が本好きになってしまったようです。
結構活字を求めています。

読んだ本、はリスト化はしておらず慶應SDM入学してからは
マインドマップで要点を記録して、関連する情報のフォルダに
格納しているので、Amazonの購入履歴からカウントします。
(このほかにも慶應の図書館で借りたり、本屋で買ったのありますが、
 そこまでは記録に拘りませんので。。。。。)

2009年読書冊数:107冊
平均読書冊数 :3.4日/冊

以下今年Amazonで買った本です。
これを見て思った事は以下です。
・環境エネルギーを修論テーマにする割に読書数少なっ!(反省)
・理論や思考法が大多数,SDM入学の影響大!
・割と幅広く読んでいるかと思う一方、小説はゼロ!(無機質?)
・来年はアート、デザイン、哲学を増やしたい!

【MOT】2冊
1、図解入門ビジネス 最新MOT
2、技術者のためのマネジメント入門―生きたMOTのすべて
【NPO】7冊
3、日本のNPOはなぜ不幸なのか?―「社会をよくする」が報われない構造を解く
4、やりたいことがないヤツは社会起業家になれ
5、“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド 「20円」で世界をつなぐ仕事
6、「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方
7、ハーバード・ケネディスクールからのメッセージ 世界を変えてみたくなる留学
8、マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
9、NPO新時代
【遺伝子、生物学】11冊
10、爆笑問題のニッポンの教養 ヒトはなぜ死ぬのか? 生化学 (爆笑問題のニッポンの教養 5)
11、爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 11)
12、爆笑問題のニッポンの教養 生命のかたちお見せします 発生生物学
13、生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
14、エッセンシャル発生生物学
15、新しい発生生物学―生命の神秘が集約された「発生」の驚異 (ブルーバックス)
16、動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか
17、クローン人間 (光文社新書)
18、脳死・クローン・遺伝子治療―バイオエシックスの練習問題 (PHP新書)
19、クローン人間 (新潮選書)
20、クローン人間にYes!―科学による永遠の生命
【イノベーション】2冊
21、教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
22、ポケット図解 クレイトン・クリステンセンの「破壊的イノベーション論」がわかる本 (ポケット図解)
【英語】7冊
23、英語論文・レポートの書き方
24、村上式シンプル仕事術―厳しい時代を生き抜く14の原理原則
25、機関銃英語が聴き取れる!-リスニングの鍵はシラブルとビート-
26、効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
27、東大英単
28、イラストで記憶に残る語源ビジュアル英単語
29、英語「なるほど!」ライティング―通じる英文への15ステップ
【環境、エネルギー】9冊
30、月刊「環境ビジネス」2009年11月号
31、SOTOKOTO (ソトコト) 2009年 11月号 [雑誌]
32、環境ビジネス 2009年 09月号 [雑誌]
33、2050年のわたしから
34、環境ビジネス革命
35、日本経済の勝ち方 太陽エネルギー革命 (文春新書)
36、環境エネルギー革命
37、グリーン革命(下)
38、グリーン革命(上)
【技術士】2冊
39、新制度対応技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100
40、技術士第二次試験の論理的攻略法―論文の書き方・文章のまとめ方 (LICENCE BOOKS)
【コミュニケーション】4冊
41、EQ―こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫)
42、好かれる人は得をする!―仕事がぐんぐんうまくいく絶対法則
43、ワールド・カフェ~カフェ的会話が未来を創る~
44、コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (Harvard Business School Press)
【思考・理論】26冊
45、世界は分けてもわからない (講談社現代新書)
46、アイデアは考えるな。
47、成長の限界 人類の選択
48、「考える力」を強くするEM法 問題解決の手順がやさしくわかる本
49、とてつもない未来を引き寄せる予見力
50、知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100
51、革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55
52、ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
53、イノベーション・シンキング
54、悩む力 (集英社新書 444C)
55、さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
56、考具 ―考えるための道具、持っていますか?
57、ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
58、クリエイティブ・クラスの世紀
59、クリエイティブ都市論―創造性は居心地のよい場所を求める
60、99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
61、会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)
62、関心力 (ビジネス社コンパクトシリーズ)
63、レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング
64、日本の難点 (幻冬舎新書)
65、断る力 (文春新書)
66、ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!
67、起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
68、科学技術と企業家の精神―新しい産業革命のために
69、サステイナブルなものづくり―ゆりかごからゆりかごへ
70、気が小さいから成功できた
【自伝】1冊
71、YOSHIKI/佳樹
【政治・経済】2冊
72、環東京湾構想―新たな成長と人間本来の生き方のために
73、老いてゆくアジア―繁栄の構図が変わるとき (中公新書 1914)
【その他】1冊
74、PRESIDENT (プレジデント) 2009年 4/13号 [雑誌]
【デザイン、アート】2冊
75、建築する動物たち ビーバーの水上邸宅からシロアリの超高層ビルまで
76、最適デザインの概念
【統計】1冊
77、統計数字を読み解くセンス―当確はなぜすぐにわかるのか?(DOJIN選書27)
【読書術】1冊
78、読書論 改版 (岩波新書 青版 47)
【脳】4冊
79、心理パラドクス―錯覚から論理を学ぶ101問
80、脳が活性化する魔法のイラスト集―トリック・アイズ ブレイン
81、記憶 脳は「忘れる」ほど幸福になれる!
82、脳はなぜ「心」を作ったのか―「私」の謎を解く受動意識仮説
【農業】5冊
83、週刊 東洋経済 2009年 10/17号 [雑誌]
84、食料自給率のなぜ (扶桑社新書)
85、週刊 ダイヤモンド 2009年 8/1号 [雑誌]
86、儲かる農業 -「ど素人集団」の農業革命-
87、Agrizm(アグリズム) 2009年 09月号 [雑誌]
【ビジネス】13冊
88、できる人は凡事徹底―小さなことを積み重ねてこそ成功できる
89、ファシリテーターになろう
90、人を巻き込む仕事のやり方
91、フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
92、究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル
93、全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
94、ザ・ジャストインタイム 現地現物が最高の利益を生む...
95、トヨタ 原点回帰の管理会計
96、自分の生き方をさがしている人のために
97、ビジネスで失敗する人の10の法則
98、理科系の作文技術 (中公新書 (624))
99、究極の速読法 リーディングハニー6つのステップ
100、ものづくり経営学―製造業を超える生産思想 (光文社新書)
【プレゼンテーション】4冊
101、デザインビジネス選書 企画書は見た目で勝負 契約が面白いほどとれる企画書デザインのコツ
102、Slide:Ology: The Art and Science of Creating Great Presentations
103、Beyond Bullet Points
104、Presentation Zen: The Video (DVD) (Voices That Matter)
【旅行】3冊
105、地球の歩き方 オランダ/ベルギー/ルクセンブルク 2009~2010
106、地球の歩き方 ロンドン 2009~2010
107、地球の歩き方 タイ 2009~2010 (地球の歩き方) (地球の歩き方)

ではでは
ヤギ編集者